苫小牧市の塗装プロ集団ー【(株)ニシムラ塗装】外壁塗装・屋根塗装・塗装にとことん真剣・親切な塗装屋さんを目指しています。施工対応エリア:苫小牧市・千歳市・恵庭市・室蘭市

耐用年数について

  • HOME »
  • 耐用年数について

もうそろそろ塗装が必要なので見積もり頼みたいんだけど。

 

問い合わせを頂いた後、当社の外壁診断士の資格を持った人間が現地調査に伺い建物の劣化状況を見極め最適なプランを何種類か提案することになりますが、

その時の建物の状況はまだ2年は塗装いらないよと言う物件から、いやいやこれは塗装するには手遅れ貼替えしないといけないよ。と千差万別。

早い人で7年くらい遅くなると15年たってから問い合わせがあります。

じゃあ何年で塗装メンテナンスが必要になるのと言うとズバリ10年と答えております。

外壁メンテナンスグラフだ

※あくまで新築から10年です。2度目の塗り替えからは塗り替え時になんの塗料を何回塗ったかで変わってきます。

 

今は外壁の建材、屋根の板金共に良いものが出てきているので一見まだ早いかな?と思うかもしれませんが、

よく見ると外壁のコーキングはひび割れをおこしていたり屋根は破風裏などに白く粉を吹いてきたりしています。

特に苫小牧は沿岸部と言うこともあり、屋根は金属系ですから塩害には気を付けなければいけません。

車も苫小牧では塩害をうけますよね?車でいうと1番先に下周りが錆びてきませんか?

スクリーンショット (60)

車のボディーはなかなか錆びが出ないが下周りは錆がでてくる。どうしてでしょう?

それは雨が当たる所は塩分が付いたとしても洗い流されるため錆びにくいのです。

そして雨が当たりにくいのが破風の裏なのです。そんな事から破風裏が1番先に錆などの不具合が出やすいです。

そして雨のたまる所、雪割れの谷と谷の下なんかも注意が必要になります。雨が集まり雨の通り道は浸食がすすみやすいです。

外壁材、屋根材ともに新築時は工場で塗装されてきていますが、この北海道、苫小牧は過酷な条件下にさらされています。

もちろん建物に使っている外装材や屋根材にもよりますが遅くても8年から10年の間には外壁診断士などの有資格者に見てもらい建物診断書などを出してもらうことをお勧めします。

 

TEL 0144-76-2075 10:00~18:00(平日のみ)

ご注文・お問い合わせ
PAGETOP
©2015  株式会社 ニシムラ塗装