悪徳業者の手口から身を守る、自己防衛手段とクーリングオフについて
外壁塗装を実施する場合、最も悩むのが「色をどうするか?」ということでしょう。
人それぞれのこだわりを実現する、悩ましいけど楽しい時間だと思います。

外壁塗装は、ご自身が好きな色に塗り替えるのが一番です。
ただ、機能的なことも考えて色を決めると、後々の生活に好影響を及ぼすこともあるでしょう。
そこでここからは、色を決める際に考慮しておくと良いことをいくつか紹介していきます。

目次

汚れの目立ちやすさ

汚れが目立つ色に外壁を塗装してしまった場合、日々のお手入れが大変になります。
せっかくかっこいい色に塗装しても、汚れていたのでは台無しですからね。

ただ、頻繁に外壁を清掃するのは、なかなか大変に感じる人も多いでしょう。
そこで、汚れが目立ちにくい色で外壁を塗装しておけば、お手入れの頻度を少なくすることができます。

汚れが目立ちやすいかどうかは、汚れの色と壁の色の関係で決まります。
汚れと同系色の外壁にしておけば、汚れが目立ちにくくなるのです。
黒色の服に醤油がついても、そこまで目立たないのと同じことですね。

外壁に付く汚れは、砂やほこり、排気ガス、花粉といったものが考えられます。
この汚れのほとんどが、灰色や薄い茶色といった中間色です。
と言うことは、外壁もグレーやベージュなどの中間色にすれば、汚れが目立ちにくくなります。

逆に、真っ白や真っ黒な外壁は、汚れが目立ちやすい色となっています。
黒は汚れが目立ちにくそうですが、外壁の汚れが白系統のものが多いため非常に目立ちます。
黒い車が砂埃で汚れるのと同じ理屈ですね。

あまり外壁の掃除に手間をかけたくないという方は、中間色の色から選んだ方が無難といえるでしょう。

色あせにくさ

塗装してすぐはきれいな見た目であっても、時間の経過と共にどうしても色あせてしまいます。
塗料は紫外線により劣化していきますから、色あせを100%防ぐことはできません。

ただ、あまりに色あせた外見では、ちょっとかっこ悪いですよね。
見た目を気にして、塗装がまだ持つのに塗り替えるなんて事にもなりかねません。
そこで、最初から色あせが目立たない色を選択しておくという対処法が考えられます。

色あせが目立つ色は、ビビットで鮮明な色です。
赤や黄色などの原色は、ちょっと色あせただけでもすぐに見た目で分かってしまいます。
逆に、ベージュやクリーム色などの落ち着いた色は、色あせがほとんど目立ちません。

赤や黄色を選択する場合も、彩度を落として落ち着いた色合いにすれば、色あせは目立ちにくくなります。
クリーム色は、黄色の彩度を落としたような色ですしね。
色あせを気にするなら、落ち着いた色合いが無難ということになります。

周辺環境との調和

多くの住宅が立ち並ぶ住宅街などでは、街の景観にも配慮した方がいいでしょう。
ご自身の家なので自由な色を選びたいところですが、あまりに奇抜な色にして景観を壊すようなことをすると、周囲の人の反感を買ってしまうおそれがあります。
トラブルの原因を作らないためにも、周辺の環境に配慮した色を選ぶことは大切です。

ただ、完全に同系色にする必要はないと思います。
大体の家は落ち着いた雰囲気の色でしょうから、浮かないよう注意を払えば問題ないでしょう。
周囲との調和も考えながら、あなたの個性を演出できる外壁の色を探し出してみてください。

熱の吸収

外壁の色は、室内の温度に影響します。
黒のような明度が低い色は光を吸収するため、室内の温度が上がりがちです。
逆に、白のような明度の高い色は、光を反射するので室内の温度が上がることはありません。

もちろん、家の構造も影響するので、黒だから室温が上がるとは限りません。
しかし、外壁が熱を吸収することは確かなので、色を選ぶときには参考にしてみてください。

外壁塗装の色のことならニシムラ塗装にご相談ください。

好みの色を実現することも大切ですが、機能面で色を考えるとさらに生活が豊かになります。
機能面を無視すると、お手入れが大変になったり、人間関係が悪くなったりするおそれもありますからね。
機能と個性を両立させることが、外壁塗装の色選びでは必要になります。

もし外壁塗装の色の事でお悩みなら、苫小牧で実績多数の私たち(ニシムラ塗装)に相談してください。
90%以上のお客様にご満足いただいている私たちなら、きっとあなたにピッタリの外壁塗装の色をご提案できることでしょう。
どのような色の相談にも乗りますので、お気軽にご連絡くださいね。