外壁塗装工事の支払いには、色々な方法が準備されています。
なぜなら、まとまったお金を先に準備できていなくても、外壁塗装を実施できるようにするためです。
お金が貯まるまで外壁塗装を先延ばしにしたら、家の劣化が激しくなり修繕費に大きな費用がかかるおそれもありますからね。

そこでここでは、外壁塗装の支払いに使える様々な方法を詳しく見ていきましょう。

 

写真:住宅ローン

目次

現金払い

現金払いは、外壁塗装のリフォームにおいて最も一般的な方法です。
現金一括で支払ってしまえば、無駄な手数料や利子を支払う必要がありません。
蓄えに余裕があるのなら、現金払いを選択するのが最もお金を節約することができます。

外壁塗装のリフォームには、100万円程度のまとまったお金が必要になります。
外壁塗装は約10年に1度は必ず実施するものなので、計画的にお金を準備するようにしてください。

現金払いといっても、お金を直接渡すことはあまりありません。
金額が大きいため、基本的には銀行振込で代金を支払います。
大金を持って塗装業者の事務所を訪れるようなことはしなくて大丈夫なので、その点は安心してください。

それから、基本的に現金払いの場合は、分割で支払うことはできません。
一括で支払うことが厳しい場合は、この後で紹介しているリフォームローンを活用することになるでしょう。

リフォームローン

外壁塗装のリフォームは、まとまったお金がないからといって先延ばしにはできません。
そこで、ローンを組むという方法が、まとまったお金がない場合の解決策となるでしょう。
ローンなら、毎月数万円ずつの支払いで外壁塗装が実施できます。

外壁塗装の塗り替えに使えるローンは、リフォームローンが真っ先に選択肢として上がります。
リフォームローンとは、民間の金融機関が取り扱っているリフォーム専用のローンのことです。
借入れの上限が低く設定されており、住宅ローンに比べて若干金利が割高です。

リフォームローンには、大きく分けると有担保ローンと無担保ローンに分かれます。

有担保ローンは、家や土地のような財産を担保としてお金を借りるローンです。
こちらは低金利でお金を借りることができますが、手続きが複雑で手数料も必要になります。
外壁塗装のリフォーム程度の金額なら、担保を預けるまではしなくてもいいかもしれません。

一方、無担保ローンは、担保を必要としない一般的なローンです。
手続きが簡単で比較的簡単に利用できますが、金利は割高となります。

金利や手数料、手続きの煩雑さなど、リフォームローンにも多くの種類があります。
もし住宅ローンを組んで返済中なら、取引している金融機関に問い合わせるのが一番手っ取り早いです。
場合によっては、金利優遇制度を受けられることもあるので、1度相談してみることをオススメします。

いずれにせよ、ローンを組むと利子や手数料がかかるので、現金払いに比べると割高になります。
無駄な金利を支払いたくないという方は、外壁塗装用の貯蓄も少しずつ始めてみてください。

財形貯蓄

勤めている会社によっては、財形貯蓄という形でお金が積み立てられていることがあります。
財形貯蓄とは、毎月給料からいくらか天引きされて、積立預金が行われているというものです。
主に、会社の福利厚生制度の1つとして実施されている場合があります。

財形貯蓄には、一般財形、財形住宅、財形年金の3種類があり、外壁塗装のリフォームに使えるのは財形住宅です。
もし会社が財形貯蓄を導入しているなら、75万円を超えるリフォーム費用で引き出すことができるので、活用を検討してみるのもいいかと思います。

クレジットカード

そこまで多くはありませんが、クレジットカードが使える塗装業者もあるようです。
クレジットカードが使えれば、ポイントが一気に溜まってお得な感じがします。
ただ、値引きという面では不利になる可能性もあるので注意が必要です。

クレジットカードを利用する場合は、業者がクレジットカード会社に手数料を支払っています。
手数料は大体3~5%程度ですが、金額が大きな外壁塗装のリフォームでは、一度の支払いで結構な金額の手数料を支払うことになってしまいます。
だからこそ、値引きがなかなか難しくなるというわけですね。

悪徳な業者になると、手数料を塗装費用に上乗せしてくるところもあるようです。
見積もり前にクレジット払いか聞かれた場合は、上乗せする気でいる可能性が高いでしょう。
施行にかかる単価の基準がない塗装工事なら、少し上乗せしてもまったく分からないのです。

クレジットカードの手数料は、本来業者側が支払うものです。
不当なお金を負担させられないよう、見積もり前にクレジットカードが使えるか聞くのは止めておいた方がいいでしょう。

支払いのタイミングも誠実な業者を選びましょう

外壁塗装の費用の支払いについては、支払い方法以外に支払うタイミングも重要になります。
全額前払いのような支払いは、手抜き工事や詐欺に合う可能性を高めるだけなので、絶対に応じないよう注意してください。
外壁塗装の支払いタイミングは、全額後払いか、施行前、施工後で二分割です。

全額前払いを要求するような業者は、悪徳な業者である可能性が高いので近づいてはいけません。
もし、悪徳業者が心配というのなら、一度私たちに相談してみてください。

苫小牧、室蘭、千歳などのお客様から多くの喜びの声を頂いている弊社(ニシムラ塗装)なら、外壁塗装の優良業者としてあなたの悩みを解決することができることでしょう。
お客様の満足度を第一に営業を続けておりますので、どんな些細なことでもお気軽にご相談くださいね。