高い耐久性を持つフッ素塗料は、一般住宅の外壁塗装にも選択される機会が増えてきています。
ただ、高価な塗料なので使うことに躊躇する方も多いです。

また、新しい塗料のため、注意点が間違って伝わっていることもあります。
デメリットが多いと勘違いしてしまい、フッ素塗料を選択しないことも少なからずあるようです。

せっかく高級な塗料を使うのなら、最大限能力を発揮してもらいたいですよね。
また、能力を正確に把握できれば、使う塗料を正しく選択することができるようになります。
そこでここでは、フッ素塗料が活躍する場面と、よくある塗装に関する誤解について解説していきたいと思います。

 

写真:塗装が必要な屋根

目次

フッ素塗料の力が最大限発揮できる場面

外壁のどの部分においても、耐久性の高いフッ素塗料は活躍することができます。
ただ、価格が高いため、全てをフッ素塗料で塗装するのは難しいというケースもあるでしょう。

そこで、フッ素塗料が特に活躍するケースをいくつか紹介していきましょう。

塗り替え頻度を極力減らしたい

外壁塗装のリフォームを行っている最中は、臭いや人の出入りなど気になることが多いです。
また、業者との打ち合わせなど、面倒な作業もたくさんあります。
そのため、極力少ない回数で済ませたいと考える方も多いでしょう。

15年以上の耐久性があるフッ素塗料で外壁を塗装しておけば、塗り替えの回数を最小限に抑えることができます。
塗装の回数が減ればそれだけコストダウンにもつながるので、資金に余裕がある場合はオススメの塗料と言えるでしょう。

屋根への塗装

屋根は、外壁よりも紫外線や雨の影響をもろに受けるので塗装の劣化が激しい部分です。
そのため、耐久性の高いフッ素塗料が最も力を発揮する部分といえます。

フッ素塗料は高価ですが、屋根は外壁に比べて面積も小さいため、価格の高さもそこまで気になりません。
どこか一箇所だけフッ素塗料にするなら、迷わず屋根を選択するべきです。

また、屋根をフッ素塗料、外壁をシリコン塗料と塗り分けておけば、劣化するタイミングを合わせることもできます。
劣化のタイミングが合えば、足場代や人件費などを無駄なく活用できるので、最もお得に外壁と屋根の塗装を実施することができるといえます。

建て直しの予定がある場合は注意

家を建て直す可能性がある場合は、フッ素塗料による塗装が無駄になることも考えられます。
フッ素塗料は15年以上の耐久性があるので、それまでに建て直してしまうと耐久力を使いきる前に取り壊すことになるのです。

フッ素塗料は高価なため、まだ使えるのに取り壊しになると非常にもったいないです。
建て直しを15年以内に予定しているようなら、フッ素塗料にかけるお金が無駄になってしまいます。
建て直しの予定も考慮したうえで、相応の耐用年数を持つ塗料を選択するようにしてください。

フッ素塗料の良くある誤解

フッ素塗料は、そこまで歴史の長い塗料ではないので、どんどん技術が進歩してきています。
そのため、一昔前はデメリットとしてあげられていた部分が改善されていることも数多くあるのです。

そこでここからは、フッ素塗料で誤解されていることをいくつか解説していきます。

フッ素塗料以外が使えなくなる

フッ素塗料には粘着性が低いという性質があるので、一度フッ素塗料を塗ってしまうと次回の塗り替えもフッ素塗料でなければならないと言われています。
フッ素塗料以外の塗料では密着性が非常に悪いので、塗り重ねることができないということです。

しかし最近では、下塗り材も高機能なものが開発されています。
そのため、フッ素塗料の上から他の塗料を塗ることも可能になっているのです。

ただし、フッ素塗料がある程度劣化していないと、下塗り材すらはじいてしまいます。
このような状態では、フッ素塗料すら塗り重ねることが難しいので注意してください。

フッ素塗料は硬いのでひび割れしやすい

通常のフッ素塗料の塗膜は、シリコン塗料よりも硬いです。
そのため、揺れなどの影響を受けてひび割れする可能性がないとは言い切れません。

しかし最近では、弾性タイプのフッ素塗料も登場しています。
弾性タイプの塗料を採用すれば、揺れが気になる立地の建物でもひび割れを気にせずフッ素塗料を使うことができます。

フッ素塗料での塗装もニシムラ塗装におまかせください

フッ素塗料の弱点は、値段の高さが最も大きなものといえるでしょう。
ただ、長持ちする分塗り替えの頻度は少なくなるので、コストパフォーマンスを考えればそこまで高い買い物ではないと考えることもできます。
フッ素塗料は、外壁塗装に非常に適した塗料ということができます。

ただし、フッ素塗料の能力を発揮するためには、手抜きなく施行することが不可欠です。
少しでも手抜きがあると、塗料の密着性が悪くなり耐久力が低くなってしまいます。

そこで、フッ素塗料での塗装をご検討中なら、一度私たちにご連絡ください。
苫小牧や室蘭、千歳周辺で高いお客様満足度を誇る私たちなら、フッ素塗料の能力を100%引き出す施行を実現することができます。

もちろんフッ素塗料以外の塗料も豊富に取り揃えていますので、外壁塗装のお悩みなら何でも相談してください。