外壁塗装は経年劣化するものなので、長く使えば使うほど様々な不具合が生じてきます。

塗装の浮きも、外壁塗装に見られる代表的な不具合の1つです。
塗装に浮きが生じてしまうと、建物を雨や風、紫外線から十分に守ることができなくなってしまいます。

それから、塗装の浮きに関しては、塗装業者の施行不良も原因として考えられます。
このようなケースでは、しっかりと業者に補償してもらわなければなりません。
そこで、施行不良が原因で塗装に浮きが生じるケースも覚えておいた方がいいでしょう。

ここでは、外壁塗装の浮きが生じたときの対処法などを紹介していこうと思います。

写真:ひび割れ

目次

外壁塗装の「浮き」とは?

外壁塗装の浮きは、塗膜が外壁から完全に剥離してしまい、浮いてしまっている状態のことを指します。
塗装の表面が水ぶくれのような見た目になっていることが多いです。
塗装の浮きが目立つようになると、建物全体の外観を損ねてしまうので印象がよくありません。

また、塗装が浮いている箇所は外壁から塗膜が剥離しているので、触ると簡単に剥がれてしまう状態です。
下地から完全に塗装が離れてしまっているので、塗装に求められる本来の役割を果たしていません。
大切な建物を風雨や紫外線の影響から守るためには、早急な対策が求められます。

外壁塗装の浮きを放置するとどうなる?

浮いてしまった外壁の塗装は、放置しておくとそのうち剥がれてしまいます。
そして、ちょっとでも塗装が剥がれてしまうと、そこから雨水が浸入し塗装の剥がれが拡大してしまいます。
放っておいても状況がよくなることはありませんので、早めの対処が必要です。

外壁塗装が剥がれてしまうと、塗装の本来の役割である、風雨や紫外線から建物を守ることができなくなります。
つまり、外壁塗装の浮きを放置していると、建物が雨や紫外線などの影響をモロに受けてしまうということです。

塗装で建物を守らないと、木材が腐食したり金属部分が錆びたりして、建物自体が壊れる危機にさらされてしまいます。
もし、骨格が腐食するような事態となれば、建て替えなどの大掛かりな工事に発展してしまうのです。
そうなると費用もかなりかかりますので、建物が侵食されないうちに外壁塗装をリフォームすることが不可欠となります。

さらに、外壁の塗装がボロボロの建物は、見た目にも良い印象を与えません。
「壊れないか心配」などと近所の人を不安にさせるおそれもあるので、塗装の浮きには早めに対処する必要があります。

塗装の浮きが激しいなら、塗り替えが必要になってしまいます。
ただ、塗装工事からそれほど日が経っていないのなら注意が必要です。
なぜなら、施行業者の手抜き工事が塗装の浮きの原因かもしれないからです。

以下の記事では、塗装の浮きの原因についてまとめています。
合わせてチェックして、手抜き工事が疑われる場合は施行した業者に確認してみてください。

外壁塗装の「浮き」が発生する原因から手抜き工事を見分ける方法

外壁塗装の浮きの補修方法

小規模な塗装の浮きなら、ご自身で補修することも可能です。
ここからは、小さな塗装の浮きを見つけたときの補修方法を紹介していきましょう。

外壁塗装に見られる浮きを補修するには、まず古い塗膜を剥がさなければなりません。
古い塗膜が残っていると、結局そこからまた塗装が浮いてしまうので、ヘラや研磨紙を使って完全に落とすようにしましょう。

古い塗膜を完全に落としたら、汚れや油分が残らないように洗浄します。
汚れや油分も塗装が浮く原因となるので、徹底的に洗浄するようにしてください。

洗浄が済んだら、しっかり乾かして塗装していきます。
下塗り、中塗り、上塗りと3回に分けて塗装していきしょう。
乾燥不足は施行不良に繋がるので、焦らずしっかり乾燥させながら作業を進めてください。

ただし、素人の補修には限界があります。
外壁塗装は、完璧に補修ができないと結局そこから水が浸入し、建材を傷めてしまうことにつながります。
建物をしっかり守ることができる外壁塗装にするには、プロに依頼するのが一番です。
自分で行う補修はあくまで応急処置として、早いうちに信頼できる塗装業者に相談した方が賢明でしょう。

それから、明らかな施行不良が原因なら、工事のやり直しを請求することも検討しなければなりません。

外壁塗装の浮きで施行不良を見分ける方法

外壁塗装の浮きは、経年劣化の場合10年程度経過してから見られる現象です。
塗装工事から数年や数ヶ月で浮きが起こることはまず考えられません。
もし、塗装工事から数年しか経っていないにもかかわらず塗装に浮きが見られるようなら、施行不良を疑ったほうがいいでしょう。
依頼した業者に再塗装を請求するようにしてください。

中には、元から手抜き工事をするような悪質な業者も存在します。
このような業者に依頼して浮きなどの不具合が生じても、施行をやり直してもらえる可能性は極めて低いです。
そのため、補償がしっかりしている、信頼できる業者を選ぶことがまずは重要なこととなります。

逆に、前回の外壁塗装のリフォームから10年以上が経過しているなら、経年劣化による浮きと判断して構いません。
そろそろ塗り替えの時期となる合図なので、早めに信頼できる塗装業者に相談することをオススメします。

外壁塗装は信頼できる業者に頼むのが一番です

外壁塗装の浮きは、施行不良が原因となっていることがほとんどです。
しかし、施行不良を訴えても補償してくれない業者も多く、トラブルに発展するケースも多いです。
無用なトラブルを避けるためには、外壁塗装は信頼できる塗装業者に頼むのが一番です。

もし、苫小牧で家の外壁に浮きが見られるようなら、一度私たち(ニシムラ塗装)に相談してみてください。
前回の塗装時期や外壁の状態から判断して、浮きの大体の原因は突き止めることができます。
もちろん、相談だけでも構いませので、お気軽にお問い合わせくださいね。

浮きの発生しないように外壁を塗装するには、信頼のできる業者に頼むことが一番です。
苫小牧や室蘭、千歳周辺で多数の実績を持つ私たちなら保証もしっかりしているので、安心しておまかせください。