現在、外壁塗装に使う塗料として圧倒的なシェアを誇るのがシリコン塗料です。
一昔前まではウレタン塗料が主流で使われていましたが、より高機能なシリコン塗料の価格が下がってきたため、コストパフォーマンスに優れる塗料として一気に普及しました。

一昔前と比べ価格は下がりましたが、それでもグレードの低いウレタン塗料やアクリル塗料よりも安いということはありません。
それでもシリコン塗料が選ばれるのには、それなりのメリットがあるからです。

ここでは、シリコン塗料の持つ特徴や採用する際の注意点などを、詳しく紹介していきたいと思います。

 

写真:塗料の缶

目次

シリコン塗料とは?

シリコン塗料は、シリコン系の合成樹脂が主成分の塗料のことを指します。
外壁塗装に使われるシリコン塗料の多くは、アクリル樹脂とシリコン樹脂が合成されており、アクリルシリコンとも呼ばれます。
アクリルシリコンと記載されていることもありますが、グレードの低いアクリル樹脂とは別物なので安心してください。

シリコン塗料は、アクリル樹脂の施工性の高さとシリコン樹脂の耐久性や防汚性を兼ね備えた、外壁塗装に向いた塗料といえるでしょう。
ただし、100%全ての住宅に適しているかと言うとそうでもないので、立地や環境を考慮して塗料を選ぶ必要があります。

シリコン塗料が外壁塗装の主流となった理由

現在、戸建住宅の外壁塗装リフォームにおいて、シリコン塗料は70%にも上るシェアを獲得しています。
外壁塗装を行う人の半数以上は、シリコン塗料を選択しているのです。

これほどシリコン塗料が普及した理由はコストパフォーマンスの高さにあります。
塗料自体の価格はアクリル塗料やウレタン塗料に比べると値段が高いのですが、長持ちするので1年当たりに換算した費用が割安になるのです。

たとえば、以前主流であったウレタン塗料は、平均すると70万円程度の施工費で7年ほど持つ塗装となります。
一方、シリコン塗料は、平均すると80万円程度で10年ほど外壁塗装が持つのです。

1年当たりに換算した金額は、ウレタンが10万円、シリコンが8万円となります。
つまり、シリコンの方が、かなりコストパフォーマンスが高いといえます。

また、外壁塗装のリフォーム工事には、塗料代だけでなく足場代や作業費用もかかります。
費用の半分以上は足場代や作業費と考えてもらっても大丈夫です。
つまり、長い目で見て塗装工事の回数を減らすことができれば、その分費用を節約できるということです。

他にもシリコン塗料には、外壁塗装に適した様々なメリットがあります。
そして、もちろん多少のデメリットもあるので注意が必要です。
シリコン塗料のメリット・デメリットに関しては、以下の記事で詳しく紹介しています。
合わせて確認してみてくださいね。

外壁塗装に最も使われているシリコン塗料のメリット・デメリット

シリコン塗料の種類

塗料というものは、色の元となる顔料と樹脂の成分を液体に溶かすことで作られています。
塗装後は液体の部分が乾燥し、顔料と樹脂が外壁に密着するという仕組みになっています。

一言にシリコン塗料といっても、溶かしている液体やなどの違いにより以下の3タイプに分かれます。
それぞれ特徴があるので、詳しく紹介していきましょう。

シリコン塗料は大きく分けると、水性のものと油性のものとに分かれます。
その中でも水性塗料は、顔料と塗料を水に溶かし込んでいる塗料になります。

水性のシリコン塗料は、1液型のタイプのみが販売されています。
1液型の塗料は、買ってきた物をそのまま使うことができるものです。
水性の塗料なら水で薄めるだけで使えるので、最も手軽なシリコン塗料ということができるでしょう。

シンナーなど危険なものも使わないので、臭いや健康被害もほとんど気にならない塗料といえます。
ただし、使いやすい代わりに、油性の塗料に比べると密着性が劣る面もあります。

油性1液型

油性のシリコン塗料は、顔料と塗料をシンナーに溶かし込んでいる塗料です。

油性塗料には、1液型のものと2液型のものの2種類のタイプが存在しています。
そのうち1液型の塗料は、購入した塗料をそのまま薄めて使えるものを指します。

油性の塗料はシンナーで薄める必要があるので、素人には扱いが難しい塗料になります。
その上、臭いなどの問題があるため、マスクなどの防護策は忘れないように注意が必要です。

最近では、シンナーの刺激の少ない弱溶剤タイプの塗料も開発されています。
このようなタイプを選べば、臭いなどの影響を抑えることができるでしょう。

油性2液型

2液型の塗料は、塗装に使う前に塗料剤と硬化剤の2種類の液を混ぜて使うタイプの塗料のことです。
油性の2液型の塗料は、3種類のシリコン塗料の中で最も優れた塗料になります。

ただし、性能が高い分値段も割高となります。
また、硬化剤の配合を間違えると性能を発揮してくれないので、扱いにはプロの技が必要です。
技術力の低い業者に施行を頼んでしまうと、施行不良を起こす危険性もあるので注意が必要です。

シリコン塗料を使用した外壁塗装の耐用年数

一般的に外壁塗装に使われているシリコン塗料は、8年から15年程度もつと言われています。

耐用年数にけっこう幅がありますが、これはシリコン塗料の種類や塗装している環境によって、劣化するスピードが左右されるからです。
値段の高い高機能なシリコン塗料だとより長持ちしますし、同じ塗料でも日当たりの良い家は紫外線の影響が大きく、劣化が早く進行してしまいます。

基本的には、10年程度を目安に塗り替えを検討しておくと大丈夫でしょう。
たまに塗装にクラックやチョーキングが発生しないか確認し、ひどくなっているようであれば塗り替えを検討した方がいいでしょう。

シリコン塗料だからといって安心はできない

シリコン塗料を選べば、どんなものでも耐久性に優れているというわけではありません。
シリコン塗料の中にも、粗悪な商品があるので注意が必要です。

実は、シリコン塗料にはシリコンの含有量に定めがなく、僅かでもシリコンを含んでいたらシリコン塗料を名乗ることができてしまいます。
また、「シリコンの含有量を表示しなければならない」という決め事もありません。

そのため、粗悪なシリコン塗料も世の中に出回っており、これを掴まされてしまうと、期待以上の耐久性を発揮してくれないおそれもあります。
特に、値段が相場よりも極端に安いシリコン塗料には注意が必要です。
一般的なシリコン塗料の場合は、1㎡あたり2500円~3500円程度が相場の価格となっています。

優れた塗料は、それなりに値段がするものです。
安いシリコン塗料は、アクリル塗料とほとんど変わらない耐久性しかない場合もあります。
値段相応の力しか発揮しないことがほとんどなので、注意してください。

外壁塗装の塗料の種類のことならニシムラ塗装にご相談ください

シリコン塗料は汎用性の高い塗料のため、ほとんどのお宅で高い耐久性を実現することができます。
長い目で見てコストパフォーマンスを求めるなら、最もオススメできる塗料となります。

総合的に考えると、シリコン塗料を選択するのが最も合理的といえますね。
とは言え、立地によってはイマイチなところもあるので、まずは優良な塗装業者に相談してみるのが一番でしょう。

もし、相談する塗料業者に心当たりがないのなら、まずは私たちに相談してみてください。
苫小牧や室蘭、千歳周辺で多数の実績を私たちなら、地域や家の特性に合った最適な塗料をご提案することができますよ。

塗料の種類も豊富に取り揃えていますので、きっとあなたにピッタリの塗料が見つかると思います。
その他、外壁塗装に関することなら何でも相談に乗りますので、お気軽にご連絡ください。