外壁塗装を実施する際、塗装専門店に依頼するか、ハウスメーカーに依頼するか迷う方も多いと思います。
違いがほとんど分からないため、どちらが「お得」なのか、なかなか分からないですよね。

「大手の専門店やハウスメーカーが安心」なんて思っている方が多いかもしれませんが、そうとも言い切れないので注意してください。
確かに大手は安定していますが、施行を下請けに投げている可能性が高く、完全に信頼できるとも言いがたいのです。

そこでここでは、あなたが最適な業者を選定できるよう、塗装専門業者とハウスメーカーの違いを詳しく紹介してみました。
どちらも一長一短がありますので、あなたの要望に合った業者を選択する参考にしてみてくださいね。

 

写真:ハウス

目次

塗装業者の種類ごとの特徴を知る

外壁塗装のリフォーム工事は、どこの業者に頼んでも同じというものではありません。
当然ですが、業者によって技術力や価格が異なります。
特に外壁塗装は、業者により価格に大きなばらつきがあるので、色々な業者を検討しないと損をする可能性が高くなります。

しかも、外壁塗装の周辺は非常に悪徳業者の多い業界です。
何の知識もなく適当に業者を選んでしまっては、悪億業者に騙される危険性を高めてしまうのです。

ただ、数ある塗装業者の中から最適な優良業者を見つけ出すのはなかなか大変です。
そこで、業者ごとの特徴やメリットを知っておけば、ある程度どこを調べればいいか絞ることができるというわけです。
あなたが長持ちする最高の外壁塗装を手に入れるために、業者の特徴を知っておいてください。

塗装業者ごとの特徴やメリット

たとえば、大手のハウスメーカーと地元密着の塗装専門店を比べても、価格や施行期間が大きく異なります。

大手は、下請けに工事を投げるため、中間マージンが発生し工事費用が高くなりがちです。
ただその分、ほとんど任せておけば大丈夫といった強みもあります。

一方、塗装専門店は、自社で施行することがほとんどのため余計なマージンはかからず費用は抑えることができます。
ただ、日程に空きがないと対応できないため、工期を少し長く見積もっておく必要があります。

このような、業者ごとの特徴が理解できていれば、あなたの希望にピッタリの業者を探し出すことができるでしょう。
それに、悪徳業者に騙される心配も少なくなりますしね。
ここからは、業者の種類ごとのメリットやデメリットを詳しく見ていきたいと思います。

塗装専門店

塗装専門店は、外壁塗装を専門で扱っている業者です。
あまりメジャーではないので、「近くに無い」と思う人も多いでしょうが、よっぽど田舎でない限り近くに結構な数の塗装業社があるはずです。

規模はそれほど大きくありませんが、専門店なので技術力が高いところが多いです。
それから、地域密着型で営業していることも大きな特徴ですね。

メリット

塗装専門店は、直接自社が施行するので、中間マージンがなく工事費用を安く抑えることができます。
発注者にとって不必要なお金はほとんど発生しないので、最も安く高品質な外壁塗装を実現できる可能性が高いといえます。

施行する人の顔が打ち合わせの段階から見えるのも、安心感を与えてくれますね。
自社施行なので、打ち合わせと違うといったトラブルが発生することもほとんどありません。
また、施工中にちょっとしたお願いができるところも、自社施工の塗装専門店ならではといえます。

それと、地域密着で営業を続ける塗装専門店にとっては評判が全てとなっております。
もし悪評が広まってしまえば、その地域で営業を続けることが難しくなりますからね。
だからこそ、地域で愛されるよう施行の品質も高いレベルを維持してくれます。

デメリット

塗装専門店は、小規模で地域密着で営業していることがほとんどです。
そのため情報が少なく、優良な業者を見つけるのが難しいといったデメリットがあります。

塗装専門店が全て優良業者かというとそんなこともなく、中には技術力のない業者もたくさんあります。
また、誠実な塗装工事をする気のない悪徳業者も少なくありません。
塗装専門店に工事を依頼する場合は、たくさんある塗装専門業者の中から技術の確かな業者を見つけることが不可欠となります。

また、小規模で営業しているため、希望の工事日が実現できないこともあります。
自社施行のため、先客がいたらその日は工事ができないというわけですね。
そのため、地元密着の塗装専門店に外壁塗装のリフォームを依頼する場合は、早めの予約することが不可欠となります。

ハウスメーカー、工務店

ハウスメーカーや工務店は、新築の家を建てることをメインの仕事としている業者です。
自社で建てた家のアフターフォローとして、外壁塗装のリフォームにも対応しています。

塗装業者に知り合いがいる方も多くないでしょうから、塗り替えの際、まず頼るのが家を建てたハウスメーカーでしょう。
ただ、外壁塗装はメインの業務ではないので、ほとんどの場合下請け業者が現場(あなたの家)に来ることになります。

メリット

ハウスメーカーは、家を建てた張本人だからこそ家に関する全てのデータを持っています。
そのため、使用している外壁材に最適な塗料や注意点などは把握しているはずです。

つまり、完全におまかせしておけば、ある程度ベストに近い選択をしてくれるということです。
色々と考えなくても最適な選択肢を提案してくれるので、自分であれこれ考える手間を省いてくれます。

また、下請け業者をいくつも抱えていることが多く、希望の工期を叶えてくれやすいです
小さな会社だとスケジュールが開いていないと工事ができないので、自分のスケジュールに合わせられることは大きなメリットと言えるでしょう。

デメリット

大手のハウスメーカーは、外壁塗装の工事を契約している下請け業者に発注することがほとんどです。
当然中間マージンが発生しますから、工事費用が割高になりがちです。
平均的に地域密着の工務店などと比べると、3割程度は割高なイメージですね。

また、下請けの業者によっては、施行が雑であることも考えられます。
大手のハウスメーカーが直接工事をするわけではなく、こちらが下請け業者を吟味できるわけでもないので、業者の技術力は依頼するハウスメーカー次第ということになります。

塗装専門店とハウスメーカー以外にも、外壁塗装にはリフォーム業者や営業会社が関わっています。
この2つの業者については、以下の記事でまとめてみましたので合わせてチェックしてみてください。

塗装専門店とハウスメーカーだけじゃない、外壁塗装に関わる2つの業者の注意点

どちらに依頼するのが一番確実?

外壁塗装のリフォームで重要なことは、長持ちする塗装を確実に行ってもらうことです。
ただ見た目がきれいにするだけなら、そこまで難しいことではありません。
塗装を行った直後は、誰が塗ってもある程度きれいに見えるものなのです。

ところが、技術力のない人が塗装したり、外壁の材質に合わない塗料を選んだり、手抜き工事が行なわれたりすると、2、3年で塗装がはがれてくるという事態に見舞われます。
こうなると、塗装が外壁を守ることができなくなるので、また塗装をやり直さなければならなくなるのです。

施行の品質という面で見れば、地域密着で長年活躍している塗装専門店が最も良いといえます。
地域密着で長期間生き残ってこられたということは、それだけお客様が満足している証拠となります。

また、同じ地域で長年活躍してきたということは、それだけノウハウも積み重なっているということです。
地域の特性を考慮した塗料を進めてくれたり、地域特有の注意点を工事に盛り込んだりできるので、安心して工事を任せることができるのです。

優良な塗装業者をお探しならニシムラ塗装へ

外壁塗装で最も重要なことは確かな技術を持った優良業者に依頼することです。
もし、信頼できる塗装業者をお探しなら、一度、外壁塗装専門の私たちに相談してみてください。
苫小牧を中心に、室蘭や千歳周辺で実績豊富な私たちなら、高品質の外壁塗装を適正価格で提供することができます。

私たちは地域の皆様に愛される塗装業者を目指していますので、あなたの外壁塗装のお悩みに親身になってお答えします。
おかげさまで、これまでに93.8%ものお客様に大変満足していただいくことができました。
外壁塗装のご相談ならどんな些細なことでも相談に乗りますので、お気軽にお問い合わせくださいね。