屋根も外壁と同じく、定期的に塗装しないと劣化していきます。
そのため、一軒家に住む上で屋根の塗装は定期的に実施しなければならないことと言えるでしょう。

屋根も外壁のように、メンテナンスをおろそかにすると建物本体の寿命を縮めてしまいます。
むしろ、屋根のほうが過酷な環境にさらされているので、外壁よりも気を使わないと、雨漏りなどの思わぬ不具合に見舞われる可能性が高まります。

そこでここでは、屋根塗装の基礎的な知識や、メンテナンス行う時期の見極め方などを紹介していきます。

 

写真:屋根

目次

屋根塗装の重要性

屋根に施された塗装は、建物を守る非常に重要な役割を担っています。
屋根が劣化してしまうと、建物に様々な不具合が生じてしまうのです。

屋根の不具合で真っ先に思いつくのが雨漏りです。
塗装が劣化したまま放っておくと、雨漏りが発生するリスクが非常に大きくなります。

雨漏りが発生してしまっては、人を風雨から守るという家の役割を果たすことができません。
当然ながら雨漏りすると、生活が不便になったり不快な思いをしたりすることが考えられます。
建物の寿命を延ばし、あなたの快適な生活を守るためにも、定期的な屋根の塗装は不可欠なのです。

また、建物をきれいに見せるという意味でも屋根塗装は非常に重要です。
屋根の塗装は必ず劣化し、劣化がひどくなると色あせたり苔が生えたりしてきます。
そのような状態になると、見る人に薄汚れた印象を与えてしまいますよね。

住んでいる人としても、美しくない家に住むことは日々の暮らしの豊かさを損ねてしまいます。
精神的に豊かな生活を送るためにも、屋根を定期的に塗装し美しい外観を維持することが重要なことなのです。

塗装が必要な屋根材の種類

一言に屋根といっても、最近では様々な材質の屋根が存在しています。
昔からある瓦の屋根や、最近主流となっているスレート屋根、金属屋根など好みのデザインを実現するため様々な建材が使われています。

北海道では主流の屋根材であるガルバリウム鋼板をはじめ、スレート、トタン、セメント瓦などでは、全て定期的に屋根を塗装しなくてはなりません。
これらの素材は、年数が経つと色あせが目立ってきて見た目が悪くなっていくため、必然的に塗装を検討することになるでしょう。

一方、和瓦や洋瓦といった屋根材の場合は、屋根の塗装は必要ありません。
これらの素材を使っている住宅でも、悪徳業者が塗装を勧めてくるケースもありますので、きちんと断るようにしてください。

これらの素材の場合、色あせがほとんど目立たないのでセメント瓦と区別することができます。
もし心配なら、住宅を建てた工務店やハウスメーカーに確認してみるようにしてください。

屋根と外壁は同時に塗装するのがベスト

屋根の塗装は、外壁の塗装と同時に実施するとコストを最小限に抑えることができます。

外壁や屋根の塗装にかかる費用は、塗料代だけではありません。
むしろ半分以上は、足場の設置や人件費など施行そのものにかかる手間賃が占めるのです。

まず足場代に関しては、外壁と屋根を一度に塗装してしまえば1回分の費用で済みます。
別々に実施すると2回分の設置費用がかかるので、単純に考えて半分の費用に抑えられるということです。

また、人件費に関しても、屋根と外壁を一度にできる作業もあるため節約することは十分可能です。
半分まではいかなくとも、2回に分けるよりは安く抑えることができるでしょう。

屋根と外壁を一度に塗装することを考えると、同時に塗り替え時期を迎えることがベストと言えます。
どちらかが劣化していない状態で塗り替えるのは、少しもったいないですからね。
屋根は外壁より劣化しやすいので、塗装のタイミングが合うよう少しグレードの高い塗料で塗装しておくことがオススメです。
塗り替えの際は、次回の塗装のことまで考えて塗料などを選択することがコツとなります。

塗料の種類ごとの耐久性や特徴に関しては、以下の記事で詳しく紹介しています。
北海道で主流となっている、ガルバリウム鋼の屋根に適した塗料も紹介していますよ。
最適な屋根塗装と外壁塗装が実現できるよう、参考にしてみてください。

ガルバリウム鋼板の屋根塗装にはどの塗料を使うべき?種類ごとの特徴を一挙に紹介します

屋根塗装の劣化を見極めるポイント

基本的に屋根は、10年~15年程度は塗り替えなくても良い塗料で塗装されています。
ただ、環境や塗料によって劣化のスピードは異なるので、一概に何年で塗り替えとは言えません。

塗装のタイミングに関しては、あなた自身が見極める必要があるでしょう。
そこでここでは、北海道で最も普及しているガルバリウム鋼板の屋根が、劣化しているか見極める方法を紹介していきます。

まず、屋根の塗装が劣化してくると、塗膜がどんどん色あせてきます。
同時にチョーキングも発生してきますが、屋根に登らないと触って確かめることはできないので、見た目の色あせが最も簡単な判断基準となるでしょう。

さらに、塗装がダメになり屋根材にまで劣化が進行すると、浮きや変形、サビが見られるようになります。
屋根に登らないと隅々までチェックすることは難しいかもしれませんが、下から見える範囲で変形やサビが見られるなら、なるべく早めに塗り替えを検討するようにしてください。

ただし、自分で屋根に登るのは危ないですし、屋根材が劣化している部分を踏んで破損してしまう危険もあります。
そのため、屋根に登らず見える範囲内で劣化具合は見極め、劣化が進んでいると感じたらプロの優良業者に相談するようにしてください。

ガルバリウムでできた屋根塗装の注意点

特に、北海道で主流となっているガルバリウム鋼板の屋根は、塗装においても金属ならではの注意点があります。
この注意点を守らなければ、せっかくお金をかけて塗装してもすぐに剥がれるなどの不具合を起こしてしまいかねません。
そのため、絶対に守らなければならない大切なことと言えるでしょう。

ガルバリウム鋼板の屋根塗装においては、以下のようなことに注意が必要となります。

徹底した下地処理が必要

ガルバリウム鋼板の表面は、メッキ加工の影響で非常にツルツルした仕上がりとなっています。
ツルツルした表面は汚れを弾いてくれるのですが、同時に塗料も弾いてしまい密着性が悪くなる原因となるので注意が必要です。

塗料の密着性が悪いと、塗装がすぐに剥がれてしまう原因となります。
このような事態を防ぐために、表面をざらつかせる「目粗し」と言う作業が必須となるのです。

また、古い塗膜や汚れが残っていても、密着性が悪くなる原因となります。
そこで、徹底的に汚れやサビ、古い塗膜を落とさなければならないのですが、薄く変形しやすいガルバリウム鋼板には高圧洗浄機が使えません。
そこで、ヤスリやサンダーのような工具で、丁寧に下地処理を実施する必要があるのです。

このような知識や経験のない業者に工事を依頼してしまうと、数年で塗装がダメになるトラブルが発生する可能性があります。

劣化が激しい屋根は葺き替えが必要

屋根の劣化が激しすぎる場合、塗装のやり直しを行っても意味のないケースがあります。
たとえば、屋根材の変形やサビが激しい場合や、下地が腐食している場合、防水シートが劣化している場合などは、塗装を塗り替えても雨漏りのリスクは低減しません。

劣化が激しい場合は、屋根自体を葺き替えるしか不具合を止めることができません。
屋根の塗装は屋根材を守るものなので、建材が劣化してしまうとどうすることもできないのです。

ガルバリウム鋼板の屋根の場合は、葺き替え以外にもカバー工法が選択できるケースもあります。
カバー工法とは、既存の屋根材の上に新しい屋根材を被せるというものです。
ガルバリウム鋼板は軽量な屋根材のため、カバー工法でリフォームすることが可能となっています。

カバー工法なら、古い屋根の撤去費用がかからないので、屋根のリフォーム費用を安く抑えることができます。
また、屋根材が二重になることで遮熱性や断熱性が高まることにも期待できるでしょう。
ただ、元の屋根よりはどうしても重くなってしまうので、地震の揺れには少し弱くなってしまいます。

悪徳業者の中には、ろくに調査もせずに塗装を勧めてくるところもあります。
塗り替えがいいのか葺き替えがいいのか適切に判断するためには、優良業者に調査を依頼する必要があると言えます。

下塗り材の選定が重要

下塗り材は、建材と塗料を密着させる非常に重要な塗料です。
特に、塗料の密着性が悪いガルバリウム鋼板では、下塗り材は塗装の品質を左右するとても重要な部分となります。
しっかりと建材に密着して、建物を長年風雨から守ってくれる塗装を実現するには、ガルバリウム鋼板に適した下塗り材を選定する必要があります。

また、ガルバリウム鋼板は金属でできた屋根材なので、サビ止めの機能も求められます。
元々ガルバリウム鋼板は、サビに強い建材ですがまったくサビないというわけではありません。
特に切断面はメッキの効果にも期待が持てないので、サビ止め無しにはすぐに腐食してしまうのです。

このような、ガルバリウム鋼板の特性を理解した上で、最適な下地材を施行する必要があります。

屋根塗装はニシムラ塗装にご相談ください

屋根を間違いなく塗装するには、外壁以上に気を付けるべきことがあります。
特にガルバリウム鋼板の屋根は、金属特有の注意点が多いので知識が豊富な業者に依頼しなくてはなりません。

しかし、業者によっては手抜き工事をしたり質の悪い塗料を使っていたりするケースもあり、施行後すぐに塗装が劣化してしまうケースも少なくないようです。
このような業者に騙されないためにも、実績豊富な信頼できる優良業者に施行を依頼することが重要となります。

もし、屋根塗装や外壁塗装をご検討中なら、一度私たちにご連絡ください。
苫小牧や室蘭、千歳周辺の実績豊富な私たちなら、外壁と屋根の状態を同時に診断し、あなたが最もお得に塗装のリフォームができるようご提案いたします。

塗装のことならどんなことでも親身に相談にのりますので、お気軽にお問い合わせしてみてください。